Scrattino

Scrattino2 for Scratch v2.0 offline editor extension -> http://www.yengawa.com/scrattino2

スクラッチ2.0オフラインエディター拡張 → http://www.yengawa.com/scrattino2

 

 

Scrattino = Scratch + Arduino

Scrattino makes you control the Arduino(any version) by your Scratch(ver 1.4 at this time) projects and upload them on the scratch.mit.edu. 

 


Scrattino = Scratch + Arduino

This application build on Squeak Etoys and using Physical Etoys - Arduino library.

日本語による解説記事を工学社 I/O誌4月号【「Scratch」と「Arduino」ではじめるフィジカル・コンピューティング(前編)】に書きました。ScratchとArduinoをScrattinoでつなぐ手順を詳細に説明しています。


How Scrattino Works

Scrattino works as an adaptor between Scratch and Arduino. 

[Scratch]
||
TCP/IP
||
[Scrattino]
||
USB Serial
||
[Arduino]


download PDF

Preparation to work it is only upload a special sketch for Scrattino on your Arduino. The sketch responses Firmata protocol. 

After uploading it, you can read/write and mode-change the pins on a Arduino using Firmata protocol from the Scrattino. 


Download Scrattino Arduino

First, download 'Scrattino_Arduino' and extract it.

 

Upload Firmata Sketch

First, you must upload a sketch 'StandardFirmata.pde' on your Arduino. It is included in 'Examples' of Arduino-IDE.

Connect to Arduino

To connect the board,  put your Arduino into PC via USB then push 'Arduino auto-connect' button in the window. If it connected, you will see changing numbers on analog input values. 

Connect to Scratch

Scrattino can connect only to Scratch1.4 (download from here) at this time. It will be upgrade to connect Scratch 2.0 when the 'Scratch2.0 Extension' spec is open.

To connect the Scratch, after a Scratch start and 'remote sensor board' turns on (simply open 'Scrattino_Arduino-sample-01.sb'). Then double click the cat on the Scrattino display. If it connected, the cat open eyes. 

Plesase check the sample project 'Scrattino_Arduino-sample-01.sb' to understand how to use.

Scrattinoを介してScratchにArduinoをつないで使う方法は以下の通りです。

[Scratch] <==遠隔センサー接続==> [Scrattino] <==USB==> [Arduino]

Arduinoをつなぐ

  1. ArduinoをPCにつなぐ。
  2. Scrattinoを起動する。
  3. Scrattinoの「Arduino auto-connect」ボタンを押して、5秒ほどして表示が「はい」になったことを確認する。
  4. Arduino上のa0の電圧変化にしたがって、Scrattinoのanalog input 0の値が変化するのを確認する。
  5. Scrattinoのd13の「はい/いいえ」の切り替えにしたがって、Arduino上のLEDが点滅することを確認する。

Scratchをつなぐ

  1. Scratchを起動する。
  2. 「調べる:スライダーセンサーの値」のマウス右ボタンメニューで「遠隔センサー接続を有効にする」を選択する。
  3. Scrattinoのネコをダブルクリックして、ネコの目が開いた状態にする。
  4. 「調べる:スライダーセンサーの値」の「スライダー」文字を押して「a0」を選択してから左の四角に枠にチェックを入れて、a0の値を見えるようにする。
  5. Arduino上のA0の電圧変化にしたがってScratchのa0の値が変化するのを確認する。

Scrattino with Servo

スクラッチーノはサーボモーターもコントロールできます。

スクラッチーノに付属しているサーボモーターをコントロールするプロジェクト「Scrattino Servo.007.pr」をスクラッチーノの上にドラッグアンドドロップすると、Arduino ピン9,10,11を使ってサーボモーターをコントロールできる状態になっています。

次に、スクラッチで「Scrattino-servo-01.sb」を開いてスクラッチーノとつなぎ、変数「s1,s2,s3」を変化させるとArduinoに接続したサーボモーターが動き始めます。

 


Scrattino controls MeArm

スクラッチーノで小型ロボットアーム MeArm (phenoptix) を操作することもできます。

これは実際にスクラッチーノでMeArmを操作している動画です。

 

MeArmを操作するためのプロジェクトはこちらです。

Scrattino-MeArm-01.zip

これを使うと’svTurn’などの変数の値を変更するだけでサーボが動きます。変数名’svTurn’はMeArmの土台の回転を想定した名前なので、配線をこれに合わせると操作しやすいと思います。

変数名 Arduino Pin
svTurn 9
svStretch 10
svLift 11
svGrab 12

 


Scrattino HelloBoard

Scrattino is an adapter application between Scratch and Arduino. I made a special Scrattino for HelloBoard hardware.

 Scrattino HelloBoard